手紙の書き方用語集1

 

 

前文とは、手紙を書くときの初めの挨拶にあたるもので、「頭語」「時候の挨拶」「安否、感謝、お詫びの挨拶」で構成されます。

上文指的是写信时的最初问候,由“头语”、“季节问候”、“安危、感谢、道歉”构成.

 

  • 頭語

手紙の一番初めにくる挨拶で、末文の結語とセットで用います。

头语

信最开始的问候语,与末句的结语配套使用。

  • 時候の挨拶

季節や天候に応じ、心情や季節感を現す言葉を頭語から1字あけて書き始めます。

问候天气

根据季节和天气,将表现心情和季节感的词语从头语开始写。

  • 安否、感謝、お詫びの挨拶

相手の健康や安否を気遣い、それに続けて自分の現況を知らせる言葉を添えます。
また、お世話になった方への感謝の言葉、ご無沙汰している事へのお詫びなどを付け加える場合もあります。

问候是否安康、致谢、致歉

关心对方的健康和安危,然后再加上告知自己现状的话。另外,也要对照顾过自己的人表示感谢,也要附加对久疏问候的道歉等。

 


前文は、送る相手との関係や用件によって使い分けることが大切で、一部を省略する場合や、書いてはいけない場合もありますので注意しましょう。

 

上文中重要的是要根据自己与发送对象的关系区别使用用语。要注意的是一些场合下要省略用语,也有不能写这些用语的场合。

 

 

资料来源:letter110.net/

评论

验证码:
×